不動産を所有するというのはリスクもあり得る

アパートやマンション、ビルなどの不動産を所有していると聞くとお金持ちとか、不労収入がありいいなと憧れたりもしますが、その反面、リスクとあると考えていなければなりません。
街に出ると空きテナント、空き物件という表示を目にすることもあります。
またアパート、マンションでは人気な場所以外では空き部屋も多くあると言われています。
空き物件、空き部屋が多いということは、その不動産所有者には家賃という収入は入らず、むしろ固定資産税や現状を維持するための維持費等がのし掛かるばかりです。
その状態が続けば赤字になるわけですから、1つでも多く物件を埋めるために、賃料を下げたり、設備をよくして、より魅力ある物件にする必要を強いられるわけです。
それで契約者が現れたらいいですが、現れない状況が続けば手放すことを視野に入れてくる人もいるでしょう。
うまくいけばいい収入源となりますが、そうでなければ月に何十万とか何百万というリスクが生まれる物件があるというのも念頭に置くべきです。