賃貸の主契約者が亡くなったときの対応

賃貸の契約をするとき、貸す側と借りる側の当事者同士で契約をします。
ワンルームマンションなどなら一人しか使用することができませんが、ファミリータイプなどなら複数人の利用も可能です。
全くの他人となるとそれぞれの人と契約をすることもありますが、夫婦などであれば夫が主契約者となるでしょう。
夫が亡くなれば、妻がそのまま引き継げます。
婚姻届けを出していない夫婦は内縁関係があるとされています。
法的には夫婦のようにとらえらえることもありますが、相続を受ける権利などは認められていません。
主契約者の内縁の夫が亡くなったとき、相続を受ける権利のない内縁の妻はそのまま契約を引き継ぐことができるかです。
内縁の夫には子供がいて、その子供が契約解除を申し出ることもあります。
基本的には、賃借権は相続を受ける子供が引き継ぎますが、だからと言って内縁の妻が利用できないとなると困ります。
現在の法律では、内縁の妻はそのまま契約を引き継ぎ、住み続けることができるようになっています。